<   2006年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2006年 10月 27日

フランス日記・3

今日は、南フランスへ遠出。
アビニョンから乗り換えてリル・シュル・ラ・ソルグという町へ
行くために。
パリからTGVにのり、3時間。
そこから、ローカルで20分くらいの小さな町。

そこは、アンティークの町。
あちらこちらにアンティークショップや、モールがある。

だけど、その日は嵐みたいな雨。ショック~・・・・・

せっかく行ったのに、蚤の市は見つからず(泣)

でも、町がすごくきれいで川の水や、建物すべてが
すてきだったのです。

今度は晴れてる時に行けたらいいなぁ。

と、帰ろうとしたら!な、なんと!
電車がないぃぃぃ・・・・・・

2時くらいだったのに、5時まで1本もなかった。
さすが、ローカル線。
5時に来たってTGV間にあわへんしー。。
てか、駅員さん・・は?

・・・・・居ませんがな。無人やんかぃ。

マルセイユ行き(反対方面)の電車はあったので、そこまで行って
戻ってこようか?と友達と相談し、とりあえず乗ることに。
マルセイユまで行ったら急行あるやろ。
と、勝手に思った私のとんでもない間違いの長い電車の旅が始まる。

ここも南フランスなんで近いと思っていたら、マルセイユめちゃ
遠かった。。
そこで居合わせた大学生の彼がいろいろ教えてくれ
途中までまた戻る。
すごく親切に教えてくれて助かった。
ありがとう、学生さん。
彼はアビニョンに大学があって一人暮らしをしていて、こちらの駅の方の
実家に戻る途中だったそうな。

そこの駅から、パリス・リヨン行きの電車があったので
「もう、これ乗ろうか??」と決定。

が、それもTGVという訳にはいかずなんと、リヨンに着くまでに
8時間かかった!(TGVの場合・3時間)

途中、不安になり人に尋ねるも「パリにはミッドナイトに着くよ。」って!!
ミッドナイトって~~~~!!何時や?

もし、メトロなかったらどないしょー。と不安のままいたんだけど、
駅員さんが通りかかったので、すかさず、到着時間を聞くと、
12時くらいと。
メトロも、1時までやってるとのコト。ひとまず、助かった~☆

しかし、8時間は長かった。。寝たり起きたり。外みたり。

もぅ~、めちゃめちゃ疲れた1日でした。

でも、なぜかこれを乗り切ったからこれからなんでも頑張れる!
と、変な自信につながった私たちなのでした。

d0072246_21364760.jpg
d0072246_2137999.jpg

[PR]

by mako-dinette | 2006-10-27 21:37 | diary | Comments(0)
2006年 10月 27日

フランス日記・2

今日は、ヴァンブの蚤の市とクリニャンクールへ。

前日、時間があったので下調べをしてヴァンブまで歩いてみた。
蚤の市が近かったから、アレシアにきめたようなもんだったので
15分くらいで到着。
ひとまず、ホッ。

朝は5時に起き、ポルト・ド・ヴァンブへ向かう。
朝の空気は気持ちいい。
歩いてるとパン屋さんのいい匂いがしてくる。

到着~。

出してる人は、ほんとのんびり。
お客さんが居ても、居なくてもマイペース。
鼻歌歌うおじちゃんや、おばちゃん。
なんか、フランスのそいうところ好き。
用意も遅いんだけど、こちらも気分は悪くない。

始まるまで近くの早朝やってたカフェでお茶して待つ。

7時くらいにカフェを出て、蚤の市へ。

7時なのにまだ用意中な所や来てないお店もあったけど
ぼちぼち見回る。

8時くらいにやっと明るくなってきた。
暗いときに見落としたものや、細かいものもチェック。
古いボタン屋さん発見ー☆
昔のものになればなるほどやっぱり高くてあんまり買えない。。シュン。。。
でも、見てるだけでも楽しくて。
細かい細工がほんとにすてき。

でも、頑張って気に入ったものをいくつか購入。

あと、antique keyをみつける。1つが結構安めで買えたので
まとめ買い。
他のお店では、1つ5や6ユーロとかしてた。(約750~900円)
あんな高いと仕入れの人とか大変だわ。
日本で売るにはいくらになるんだろう・・・って感じ。

他、いろいろ物色。
かわいいおばちゃんの所で、antiqueのイカリの真鍮ボタン発見。
ここも安かったので購入。

日本人のおばちゃんが出店してるところもあった。
そこでもガラスボタン購入。

かなり、ボタンなヴァンブでした☆

10時にホテルの朝食を予約してたので、
急いで戻る。でも、1時間も遅刻。
それなのに、お兄ちゃん「OK!」と、あっさり許してくれる。
ごめんねぇ。
おいしい朝食をいただく。

また急いで用意をし、
クリニャンクールへ。

前いった時に行ったお店を先にまわる。
やっぱ、高い・・・。
でも、比較的安くで、すてきなボタンを見つけまとめ買い。

最後の方でもすごいいいボタン屋さんをみつける。
クリニャンクールは有名なんで、なんでも結構高いんだけど、
ここのボタン屋さんはほんと安かった。そして、品数も多いしかなり良い。
おじいさんと、店員さんの2人でやっていた。
すんごいコワモテのおじいさん。
かなり緊張した。
そして、実際なんかこわかった。

でも、そんな事は気にせず、わーぃ、わーぃ。
って感じで、あさりまくる。

が・・・そこのおじいさんが、もう今日は閉店するという。
明日また来い。と。

来れないのにー。

急いで、選びまとめ買い。

もうちょっと見たかったなぁ。。と、そこのお店はちょと心残り。

くたくたになり、ホテルに帰宅。
あっという間に7時。

夕食・トマトスライスと、チーズ、野菜とサンドイッチを作る。
やっぱ、うまー。

d0072246_20375950.jpg


クリニャンクールの路地。
d0072246_2037727.jpg

[PR]

by mako-dinette | 2006-10-27 20:38 | diary | Comments(3)
2006年 10月 27日

フランス日記・1

さっそくですが、旅行日記を書いていきたいと思います♪

21日、関空夜の便で、出発ー☆

だいたい、飛行機は12時間くらいで(香港乗り継ぎ)パリに到着。

その日はパリに早朝に着く。
なんだか、やっぱり日本人が多い。
観光としては、お得意さまやわ、日本人。

そんな感じで、オペラまでロワシーバスに乗り1時間強。
えらく遠回りな感じ。

さてさて、ホテルを探しにアレシア駅までメトロでいくが、
そこからが地図がアバウトすぎてわからない。

そうこうして、迷って立ちすくんでいた私たちに
外人の男性が「どうしたんだい?」みたいに声をかけて
きてくれた。
あれやこれや、説明していると「ホテルに電話してあげるよ!」と。
なんて、やさしぃお兄さん。
そこで道順を聞いてもらい結構すぐに着く事ができた。
ほんとに感謝。(感謝・第1回目)

ホテルは、少し小さめの路地にあり、小さくてアットホームな感じ。
レセプションのお兄さんは日本的なお顔で少し親近感がわく。
私たちは、勝手にそのお兄さんをアンディーと名づける。
アンディーは、クール。いつでも、冷静で仕事が出来る風。
でも、たまに見せる笑顔がかわいい。

やっぱり・・・としかいいようがなかったけど、リフトはなし。
ガクッ。
私がとるホテルはチープなので、だいたいないのは
覚悟だけど、やっぱりか。
おまけに、古いホテルなんで階段がきゅうで狭い。
2人で、やっとの思いで部屋に着く。

入る早々、・・・なんじゃこりゃ~。
日本の神社のパネルが・・・。おまけに、壁には日本語の習字で書かれた
文字のような壁紙が。
2人で、見つめあい思いっきり爆笑。

この部屋で、7泊かぁ・・・・・と思ったが、人間って段々慣れるもんなのよね。
そして、ちょと休憩してお腹が空いたので、アレシア散策がてら
パンや、お惣菜、チーズなどを探しに。
あっちこっち行ってたら、迷うはめに。
ここらへんは、何回散策しても最後まで迷ってました。
迷って、見つけるお店は楽しかったけど。

フランスのホテルでは、毎日パンとかハムとか、チーズやカット野菜やトマトを
買ってきてプチ調理してました。
向こうは、パン、ハムもチーズもめちゃ安くて、種類も多く、おいしいので
かなり、豪華になって最高の夜ごはん。
でも、こんなん外で食べたらそりゃ、もう、高いっす。
朝は、ホテルの朝食を食べてました。
その、朝食のクロワッサンかなり最高。忘れられへんー。

明日は蚤の市なので、この日は早めに就寝・・・つづく。
d0072246_18265394.jpg

[PR]

by mako-dinette | 2006-10-27 18:33 | diary | Comments(2)
2006年 10月 25日

帰ってきました!

すいません・・・行ってきます!の報告もないまま旅行に
旅立ってしまいました~。
約1ヶ月。
先週17日に帰国いたしました☆

帰ってからは、すぐイベントなどがありもうフラフラ状態のまま
参加させてもらいましたが、そこではひさびさのお客さんや友人
達の顔をみれて楽しいイベントになりました。

旅行は、それは、それは楽しい旅に。
たくさん、生地やボタンも買えました。
これからの制作に少しずつ使っていきたいと思います。

いろんな人にお世話になり、親切にしていただきました。
向こうでは一緒に行った友人のお知り合いや友人が居たので
泊めていただいたり、遊んでいただいたりとほんと楽しい時間を
過ごせました。

少しずつ、アップしていきますね♪

d0072246_1272410.jpg

[PR]

by mako-dinette | 2006-10-25 12:07 | diary | Comments(2)